日本沈没-希望のひと-

日本沈没-希望のひと- ストーリー
2023年、東京。内閣総理大臣の東山栄一は世界環境会議に出席。東山は、汚染物質を液化し海底地層の隙間に貯留するシステム「COMS(コムス)」の推進を表明した。さらに、未来の日本を見据え、各省庁から優秀な若手官僚を集めた日本未来推進会議を発足。会議のメンバーには、環境省の天海啓示と経産省の常盤紘一も選出されていた。ある日、週刊誌に関東沈没へ警鐘を鳴らす田所雄介の記事が掲載される。この記事が発端となり、一部の団体がデモを起こす。デモ収束のため天海は田所と対面する。しかし、田所は天海に対し「将来的に伊豆沖で島が沈没し、やがて私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不吉な予言を放ち、天海は翻弄される。そんな中、天海は週刊誌・サンデー毎朝記者の椎名実梨から、環境省が「Dプランズ」という環境ビジネス企業との癒着疑惑を伝えられる。そして、一抹の不安を抱えつつも、常盤と趣味のスキューバーダイビングをしていた天海は、衝撃的な出来事に遭遇する。


TBS系 10/10(日)21:00~

1話「異端学者の世紀の大予言」

ドラマランキング

日本沈没-希望のひと- キャスト
天海啓示:小栗旬
常盤紘一:松山ケンイチ
椎名実梨:杏
東山栄一:仲村トオル
田所雄介:香川照之
石塚平良:ウエンツ瑛士
安藤靖:高橋努
相原美鈴:中村アン

日本沈没-希望のひと-関連

コメントを投稿