BG~身辺警護人~(2020) 第7話

BG~身辺警護人~(2020) 第7話

あらすじ:
島崎章(木村拓哉)を付け回していた謎の男の正体は元警護課の警察官・加藤一馬(中村織央)だった! しかも、その加藤が総裁特別補佐・桑田宗司(小木茂光)を再び襲い、大手警備会社「KICKSガード」を擁する「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)の指示でやったと主張。警察に追われ逃走した劉がなぜか、敵視していたはずの章に「護ってほしい」と依頼してきた。かつて章に続く形で劉の経営方針に異を唱え、「KICKSガード」を辞めた高梨雅也(斎藤工)は警護に猛反対。だが、章は依頼承諾の可能性を匂わせ、高梨と決裂…! まもなく劉と落ち合って事の経緯を聞いた章は、今度こそ命の保証はないと予感しながらも、たった一人で彼を護る覚悟を決める――。

キャスト:木村拓哉、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、道枝駿佑、市川実日子、勝村政信、仲村トオル、青木崇高、神保悟志


【TVer1/1】

【TVer検索】

BG~身辺警護人~(2020)動画一覧へ

コメント欄

BG~身辺警護人~(2020) 第7話 コメント

  • #

    勝村さん役者だね悪役を演じれば顔も悪党に変貌できる流石

    +1
    -0
  • #

    劇中の役者たちのしぐさが芝居がかり過ぎチョット気持ち悪い

    +0
    -0
  • コメントを投稿